"コカ·コーラ"鈴鹿8耐は2017年に第40回記念大会を迎えます。そこで第1回大会からの歴代優勝マシンを一挙紹介! 今回はヨシムラに、1980年大会以来の優勝!をもたらしたスズキGSX-R1000です!

ヨシムラ、久々の鈴鹿8耐制覇!

画像: 2007 FIM 世界耐久選手権シリーズ第3戦 "コカ·コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第30回記念大会に勝利したヨシムラ・スズキwith JOMOのGSX-R1000。1997年から続いていたホンダ車による鈴鹿8耐連覇をストップさせた。ヨシムラにとっては1980年以来の鈴鹿8耐優勝で、その原動力は加賀山就臣と秋吉耕佑だった。 www.suzukacircuit.jp

2007 FIM 世界耐久選手権シリーズ第3戦 "コカ·コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第30回記念大会に勝利したヨシムラ・スズキwith JOMOのGSX-R1000。1997年から続いていたホンダ車による鈴鹿8耐連覇をストップさせた。ヨシムラにとっては1980年以来の鈴鹿8耐優勝で、その原動力は加賀山就臣と秋吉耕佑だった。

www.suzukacircuit.jp

1980年代から長年、スズキのスーパースポーツの看板モデルだったGSX-Rシリーズに、1リッターのモデルが登場したのは20001年のことでした。初代GSX-R1000はGSX-R750をベースにしており、ナナハンエンジンを1mmボアアップ(73mm)。そしてストロークアップで排気量を稼いでいましたが、フルスケールには満たない987.8ccでした。

2005年には、SBK(世界スーパーバイク選手権)をはじめとする、4気筒1,000ccモデルのスーパーバイクレース認可の流れを受けて2度目のフルモデルチェンジを敢行。フルスケールに近い998.6ccを得たGSX-R1000(K5)を武器に、スズキはワークスチームを編成。当時唯一ワークス活動を続けていたドゥカティにSBKでチャレンジして、ワークスライダーに起用したトロイ・コーサーが見事、スズキ初の(そして現時点で唯一の)SBKタイトルを獲得しました。

そして2007年のGSX-R1000(K7)をベースとする8耐マシンを投入したヨシムラは、安定したレース運びでライバルを退け、記念すべき30回大会で久しぶりの優勝を果たしたのです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.